移動昇降式足場とは

移動昇降式足場とコスト

移動昇降式足場は革新的な足場

移動昇降式足場は従来の枠組み足場に比べて、工期短縮及びコストダウンが期待できる足場です。従前、建築工事で多く採用されていた外部足場は枠組み足場と言い、一段目から順番に高所に組み上げていきます。そのため、使用する足場材材料が多く、長い間組んだままになるため、経費も多くかかっていました。しかし、移動昇降式足場であれば、高層ビルの外部施工に際して壁に沿って移動昇降するため、積み上げ部分の部材が不要となり、必要な部分のみに作業足場ができるので大変経済的です。

計測時に必須となる補償導線

補償導線は熱電対と計測器の間を結び付けるための導線で、熱電対で計測出来る温度などをそのまま誤差をそれほど生じずに測定することが可能となります。工場などの産業用で用いられることも多く、現場の状況からの必要性とコストの削減を図る上でも有効です。実際に補償導線を使用する場合には、どういった種類の熱電対を活用するかと使用上限の温度の範囲内に収めるかがポイントになります。またプラスとマイナスの性質もあるため、それを間違えないで取り付ける必要があります。

↑PAGE TOP