刻印の主な用途は

トレーサビリティ用の刻印

刻印の意味と用途について

刻印は、貴金属等の商品に刻む特別な印を指します。個人的な記念として、日付や名前を刻む場合もありますが、主に工業において、欠かせないものです。例えば、その商品がいつどこで製造されたものか、確実に判断する目的のトレーサビリティが一般的です。他の用途として、高価な時計やカメラ等に、付加価値を高めるためのシリアルナンバーを刻む場合もあります。また、特殊な書体や記号を入れ、盗難や偽造を防止する用途にも使われています。近年では、製品のデータ量が膨大になっているため、2次元コードを用いる事もあります。

↑PAGE TOP